私を中心にして娘と大切なものがぐるぐる回ってます。

私の大事な娘、主人、本や裁縫、その他好きなものについて書き綴ってます。

第一次反抗期真っ只中の3歳娘。日々、私に「アカンベェ」を繰り返す娘がある日決めたこと。

3歳になり、第一次反抗期真っ只中の娘。

f:id:jomocop:20180922221833j:plain

2歳の頃はイヤイヤ期がほぼ無く、なんとまぁ楽なこと!くらいに思ってたのですが、最近は少々手を焼いてます。

お話も上手だし、どちらかと言えば聞き分けも良いほうなので普段はさほど苦労しないのですが…眠い時と疲れてる時はダメですね(苦笑)

けどそれは大人も同じ。

私だって眠い時と疲れてる時にあれこれ言われたら「きー!」ってなっちゃいます。

甘えたい盛りの年頃でもあると思うので、そういう時は「大丈夫」って抱っこしてしっかり「甘え」を充電。

そうしたら、できなかったことも急にできるようになったり。

子供って本当に可愛いです。

 

ですが。

そんな私と娘との間にも、数日前までかなり上手くいかない期間がありました。

日数にしてみれば1~2週間程度だと思うんですが…結構辛かったです。

 

その原因となったのが、娘の「アカンベェ」

その1~2週間前も、たま~にしていたことはあったと思うのですが、途中からどんどんエスカレートしていったんです。

 

最初は「アカンベェはダメよ」って軽く言っていた私。

けれど、例えば娘がまだ遊びたいのに「もうお片付けしてね」と催促する私に頻繁に「アカンベェ」をするようになっていったんです。

 

「アカンベェはダメよ」

そう言っていたら舌だけを出すようになりました。

でも、結局意味合いは同じ。

私は「馬鹿」という言葉のように、意味なく人を傷つける言葉が大嫌いです。

だから娘にも

「ママが言うことが嫌なら嫌と言い張りなさい。アカンベェはむやみに人を傷つけるものなのよ?」

そう言ったけれど効果はありませんでした。

 

たかが子供のアカンベェ。

そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

でもそれを日に何度もされると少しずつ滅入ってきます。

地味にパンチあります。

 

絶えず説明を重ねました。

 

ママはあなたが好き。

好きなあなたにアカンベェされるのは辛い。

ママはあなたを困らせようとして「〇〇してちょうだい」と言う訳じゃない。

ママの言うことを聞きたくないなら「聞きたくない!」ってしてくれても構わない。

だから、アカンベェはよして。

 

娘は私以外の人にはアカンベェをしません。

娘自身よく分かっているんです。

しちゃいけないことだって。

私に対してするのは「甘え」からだって分かってます。

主人からも「鵜呑みにしない方がいい」と慰められて、頭では分かっててもどんどん辛くなる…そんな日々が続きました。

 

主人も注意してくれ、私も注意し、その都度「分かった」と言ってくれたけれど止めなかった娘。

ある日のこと。

その日も朝からアカンベェをされたんです。

ちょうど電話をかけてきてくれた主人に、また相談していました。

 

それを聞いていたからなのか分からないけれど…

しばらくして娘が傍に来てこう言いました。

「ママ。もうアカンベェしないよ」

「もうアカンベェしないからね」

 

何を思って言ってくれたのでしょうか。

私は、またアカンベェされるかどうかなんてどうでもよくて、ただ自分からそう言ってくれた、その事が嬉しくて泣いてしまいました。

嬉しくて何度も

「ありがとう。ありがとう。ママは『もうしないよ』って言ってもらえただけで嬉しい。ありがとうね」

娘を抱きしめ言いました。

 

その日、娘は何度もその言葉を言いに来てくれました。

娘の決心が嬉しくて、私は毎回娘を抱きしめ、「ありがとう」と言いました。

f:id:jomocop:20180922221917j:plain

 

それから。

その言葉のとおり、娘は「アカンベェ」を止めました。

アカンベェがエスカレートしてからは、ほぼ条件反射的にしていたと思います。

それが3歳の娘は自分の意思で止めたんです。

子供って本当に凄いなぁと思いました。

素晴らしいなぁと思いました。

 

子供には本当に教えられることばかりです。

私も彼女のように意志の強い人になりたい。

そう思わされた出来事でした。

 

韓国の絵本「すいかのプール」に大爆笑!同時にほっこり癒されちゃいましょう!おじいちゃんに(笑)のお話。

日に日に秋に染まる今日この頃。

「あー!もうちょっと早く読みたかったなー!」って思わせられる絵本があります。

その名も

「すいかのプール」

すいかのプール

すいかのプール

 

 できれば、そうだなぁ…お盆過ぎかな。

まだすいかが美味しく食べられて、空や風に秋の気配を感じられる頃。

そんな時期に読むのがオススメの絵本。

でも大丈夫!

まだ間に合う!

まだ夏の匂いがそこかしこに残ってる今のうちに、読んでみてくださいませ。

 

実はこれ、韓国の作家さんが書いた絵本。

最後あたりを読んで「あ、もしかして?」と思い、表紙を見て気がつきました。

そうやって改めて見ると納得。

韓国の美しい田園風景が、シンプルだけど確かな存在感を持って描かれてます。

とっても懐かしい感じ。

 

海外の絵本って全部が全部そういう訳じゃないんですけど、ちょっと日本の絵本と目線が違うというか、日本と描き方が違うな、と感じる部分がよくあるんですよね。

笑いのツボがちょっとズレてたり、解釈がちょっと違っていたり。

だから幼い娘にはまだ難しく、日本の絵本を中心に読むことも選ぶことも多いです。

 

けれど、この絵本は違う。

とっても日本人と感覚が似ている。

幼い子供にも分かりやすく、絵本の世界に入りやすい。

やっぱりお隣さん同士だからかしら?

 

優しい優しい挿絵で、美しい田園風景と大人も子供も皆でワイワイとしている感じは、見ていて本当にほっとします。

読んで、

「あぁ~自分の小さい頃もこんな感じだったなぁ~」って思う人も多い筈。

読み手である大人には懐かしい気持ちにさせてくれて、聞き手である子供には夏のワクワク感を思い出させてくれる、そんな魅力があります。

 

挿絵も全体のストーリーもめちゃめちゃ癒し系なこの絵本。

けれど最初の掴みはかなり衝撃的。

私は娘よりも先に大爆笑してしまいました。

 

いやー、おじいちゃん凄いですね!

もうめちゃめちゃおじいちゃん!

そしてそのおじいちゃんのパンチ力半端ない!

もはや一目惚れの領域。

大好きになりました。

このおじいちゃんとすいかのセットのストラップあったら、売れそうっていうくらい(笑)

 

この作家さんの絵本をもっと読みたい!

そう思い、検索してみましたが残念ながら他にヒットするものはなし。

「すいかのプール」自体も2018年7月となっているので最近ですよね。

次回作が楽しみです。

 

 

すいかのプール

すいかのプール

 

 

 

 

 

大人気「ノラネコぐんだん」シリーズ!こんな夜更けにまた読みたくなってきました(笑)

なんだか寒い日が続いたせいか風邪をひいたみたい。

喉が痛いです。

うがいをするものの大した効果はナシ。

この時期嫌ですね~。

季節の変わり目は体調を崩しがち。

上手く季節の変化の波に乗れればいいんですが…毎回その波間に落ちてしまいます。

みなさんもご自愛下さいね。

 

さて今日は子供に大人気!工藤ノリコ先生の「ノラネコぐんだん」シリーズです。

ほんっと大人気ですよね!

絵本が出版されれば書店ではコーナーが組まれますし、図書館では全冊貸出し中のことも多いです。

ウチはほとんど読んでるんですが、何度も何度も読みたがります。

その中でもお気に入りの一冊はこれ。

「ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ」

ではいってみましょー!

 

ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ (コドモエ[kodomoe]のえほん)

ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ (コドモエ[kodomoe]のえほん)

 

シリーズ作品の中で 娘が最初に読んだ絵本です。

確か2歳の時だったと思います。

どの「ノラネコぐんだん」もそうですが、これも細かな挿絵が魅力のひとつ。

 

jomocop.hatenablog.com

↑でも書きましたけど、幼い子供って字がまだ上手く読めないから絵で情報をたくさん仕入れるんですよね。

だから絵を見てストーリーが全て理解できる絵本って子供には貴重です。

 

「ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ」にも素敵な挿絵が沢山入ってます。

ブサカワな8匹のノラネコが汽車に乗っていたずら。

いたずらとは自覚してないからタチが悪い。

 

やり過ぎちゃって何かを破壊。怒られ、責任をとる。

 

ハイ。これ「ノラネコぐんだん」シリーズの定番です。

オチ決まってます。

なんでしょうね。

先が分かってる面白さ。

言葉では言い表せないです。

でもその安心感に乗っかり、安心して読める。

子供には大切です。

そして大人も。

 

「いたずらをし、何かを破壊して責任をとる」のですから、そこだけ見れば中々スリルのあるお話。

でもそれが毎回同じようにコミカルに描かれる。

もぅハマると楽しくってたまりません!

 

娘がこのシリーズの中で特に「ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ」がお気に入りなのには訳があります。

それはそのスピード感。

汽車の「シュッシュッポッポ シュッシュッポッポ」という音と

ノラネコぐんだんの「ニャー ニャー」 という鳴き声。

それらが上手く組み合わされ、とてもリズミカルなテンポで、思わず読み手も子供もテンションアップしてしまう。

(実際にはもう一つの音が組み合わさるのですが…それは読んで確かめてみて下さいね)

 

ノラネコぐんだんのふとした思いつきがそのテンポを上げ、子供をワクワクさせ…

そして破壊(笑)

とっても上手くできてます。

 

優しくて繊細なのにシュールな挿絵と子供の大好きな汽車、読むと分かるリズムとスピード感。

人気があるのもうなずけます。

あぁ、なんだか読みたくなってきた(笑)

娘も主人も寝て、もう夜も遅いのに。

 

絵本って気軽に読めていつでも癒されます。

優しい気持ちになれる。

楽しいですよね。

 

 

ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ (コドモエ[kodomoe]のえほん)

ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ (コドモエ[kodomoe]のえほん)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ぎぼむす」終了!佐藤健が見せてくれたイケメンダメ男に釘付け!次はスピンオフお願いします~!のお話。

先日、大好きな「ぎぼむす」が終わってしまった。

「ぎぼむす」=「義母と娘のブルース」。

義母と娘のブルース DVD-BOX

義母と娘のブルース DVD-BOX

 

 

綾瀬はるか演じる亜希子が、バツイチ子持ちの宮本良一(竹ノ内豊)と結婚し、その娘であるみゆきの義母になる。

それから10年にわたる軌跡(奇跡)を描いた話。

本だけでなく映画、TVドラマと別世界にどっぷりハマることが大好きな私。

「ぎぼむす」の世界にもしっかりハマらさせてもらった。

 

その大好きな大好きな大好きな…(endless)「ぎぼむす」。

本当に面白かった…。

綾瀬はるかの鉄面ぶりも大好きだったし小さいみゆきちゃんも大きいみゆきちゃんもただ健気で可愛らしかった。

竹ノ内豊の大らかさには癒され、みゆきちゃんの彼、ヒロキ君のスマートさにきゅんとし…。

 

でも何よりも誰よりも綾瀬はるかに並ぶくらいキャラが立っていたのが、佐藤健演じる麦田章。

いやいや…参りました。

彼は凄い、本当に凄い。

もはや佐藤健が凄いのか麦田章が凄いのか分かんない。

麦田章はイケメン。かなりの。

そしてダメ男。

綾瀬はるか演じる亜希子によって、最後には少々まともになるけれど。

第1回から観ると、麦田章のダメッぷり、本当に酷い。

ナニアレ。

思わずつぶやいちゃうほど。

そしてある意味本当に「奇跡」。

だってあの仕事のできなさっぷりで、よく今まで無事に生きてこれたわね!って言いたくなるほど。

ほんっとうに仕事ができない。

思わず毒づいてしまう。

 

でも。

私、この麦田章=佐藤健のダメ男キャラ大好きなんですよね~。

あの象徴的な目を細める癖、このダメ男は以前にも観たことあります…。

 

そう!それは

天皇の料理番 [Blu-ray]

天皇の料理番 [Blu-ray]

 

 この作品もめちゃめちゃ大好きでしっかり観ました~。

天皇の料理番

実在した料理人を元に描かれたお話で、その主人公を佐藤健が演じています。

まぁ~この料理人もかなりのダメ男っぷりで。

料理に出会うまでは(いや、出会ってからも?!)仕事を簡単に投げ出したり、急に婿入り先を飛び出してしまうなどその破天荒さは呆れるほどのもので。

この料理人もよくやってたんですよね、目を細める癖。

 

考えてみました。

なんでこの癖=佐藤健のダメ男キャラなの?って。

 

思うに。

佐藤健はイケメン。

そう!言わずと知れたイケメンです。

そのイケメンがダメ男を演じる時、その顔のままでやったらどうなると思います?

ダメ男に見えないんです。

若しくは。許されちゃうんです。

世間様から。

 

「この顔面だったらダメ男でも仕方ないよね~」

って私だったらきっと思ってしまいます。

目を細めてない佐藤健ならね。

(詳しく言うと目を細めるだけじゃなく、ちょっと鼻の下を伸ばし気味にしてます)

けれど目を細めてる佐藤健なら。

顔面の破壊力は少しパワーダウンし、代わりに視聴者にイラつきを与えます。

そう!ダメ男の匂いがプンプン出るんです!

 

佐藤健恐るべし。

でもかっこいい。

結局はかっこいいのか!!って突っ込まれそうだけど、でもかっこいい。

いい役者さんです。

シリアスな表情もハマるし、三枚目なキャラもそれでしっくりときちゃう。

 

私、別に取り立てて佐藤健ファンじゃぁありません。

イケメンだとは思うけど、私はどちらかと言えばブス専なので。

けどね、佐藤健が演じる役柄はどれも魅力的で「また彼の作品を観たいな」と思わせてくれます。

次はどんな役柄で出てくるのかな。

楽しみです。

 

 

 

 

 

 

3歳でも女子は女子?!パパの前では素敵な女の子でいたい欲求が止まらない!娘のお話。

「パパには言わないで!」

 

最近、よく娘の口から出てくるようになった台詞。

「パパには絶対言わないでね!」

大抵は娘が失敗した時や上手くいかなかったことについてです。

3歳でも女子は女子?!

大好きなパパには恥ずかしいところを見せたくない3歳娘について考察します。

f:id:jomocop:20180920223019j:plain

 

今日の夕方のこと。

いつものごとくパパに電話。

「パパ~?いつ帰ってくる~?」

毎日お決まりの「帰る時間確認」電話です。

するとそれまで隣りで絵本を読んでいた娘が血相を変え、

 

「やめて!パパには言わないで!」

え?どうしたの?

「パパには言わないで!」

「自転車で転んだのパパには言わないで!」

スマホの前で叫ぶ娘。

 

お~い娘。パパに聞こえてるよ~。

電話口のパパも私自身もそうとは言えず顔がにやけてしまう。

 

だって可愛いんだもの。

その必死さ。

自分で墓穴を掘っているのに気付かないあどけなさ。

本当は、

「あのね、自分でパパに言っちゃってるよ?」

と言ってあげたいけれど、なぜか言いたくなくて、ただただにやけてしまう。

娘、ゴメン。

 

最近の娘はパパに自分の失態を見せたがらない。

私や義母に対しては平気なのに。

それはパパが男の人だから?

濁ってしまった大人の私はそんな風に邪推してしまう。

女性の本能的な部分が出てきたのかしら?ってね。

 

最近の娘は女子めいてる。

例えばおもちゃ。

ウチでは一切そういうのは買わないけれど、お店とかでプレゼントされるようなおもちゃは決まって指輪やブレスレットなどオシャレ系を選ぶ。

f:id:jomocop:20180920222849j:plain

例えば声音。

パパが帰ってくると毎回大喜びだけれど、遊びに誘う時の声が私に対するソレとは明らかに違う。

「パパ~。来て~」

鼻にかかるような声。

娘、声が甘くなってるんですけど。

 

やっぱりパパとママは違うのかなぁ。

毎日ずっと一緒にいて可愛いところを沢山見ているのは私の筈なのに。

「パパは特別」みたいなその態度、ママはパパが羨ましい。

 

寝かしつけはママである私じゃないとダメで、怖い夢を見るとパパじゃなくママに来てくれる娘。

眠い時はパパじゃなくママに抱っこされたい娘。

私だっていろんな「特別」を貰っている筈なのに。

それでももっと!って思ってしまう。

 

きっとベッタリなのは今だけで、大きくなるごとにママから離れていくんだろうな。

「特別」がママとパパだけじゃなくて、いろんな人にその素敵な「特別」をあげちゃうんだろうな。

ジェラシー。

想像するだけでなんだかウルウルしちゃう…。

 

 

f:id:jomocop:20180920222944j:plain

 だから今は、「今」を本当に大事にしよう。

毎日、くるくると足にまとわりついて自分のペースで全然生活できてないけど。

娘が起きている間は娘中心で、自分の時間なんてほとんど持てないけれど。

でも大事に大事にしよう。

 

 

 

 

この絵本を読んだら子供みたいな柔軟な頭になれちゃう?!赤ちゃんから大人まで笑っちゃう「まつおかたつひで先生」の絵本。

こんばんは。

すっかり秋めいて朝晩が涼しい季節となってきましたね。

夏の疲れをとろうとするように、眠りは深く食欲は旺盛な日々を重ねてます(笑)

秋は読書の秋でもあります。

普段、一般書を読んでばかりならたまにはこんな絵本で頭をフワフワにしてみるのはどうでしょう…?

f:id:jomocop:20180920213855j:plain

 

娘が6か月くらいから特に読んだ絵本の中に、まつおかたつひで先生のシリーズがあります。

ウチにあるのはこの3冊。

「ぴょーん」

「うわーっ」

「うんちだよ」

どれも赤ちゃんや子供をぐっと惹きつける魅力が満載。

大人もクスリと笑ってしまうような楽しい絵本です。

 

「ぴょーん」

ぴょーん (はじめてのぼうけん (1))

ぴょーん (はじめてのぼうけん (1))

 

 私がまず買ったのはこちら。

確か当時まだ6か月だった娘に合う絵本を探していて見つけた一冊です。

内容はいたってシンプル。

いろんな生き物が「ぴょーん」とジャンプします。

(たまにジャンプできないものも出てきますが…)

 

この絵本の魅力はなんといってもその躍動感。

絵本を90°に回し立てて読む絵本なのですが、いろんな生き物のジャンプ力に子供の目は上へ下へと動きます。

この絵本を選んで良かったなと思ったのは正にこの点。

赤ちゃんのうちってまだまだ視野が狭く、本当に近いものばかりを見ていますよね。

絵本も今どこを見ているのかわからないことも多いです。

けれどこの絵本は目を大きく動かさなければならず、はっきりと今、どこに興味を持って見ているのかを知ることができるので、それに適した言葉をかけやすい。

まだ上手くコミュニケーションがとれない時期にぴったりの絵本です。

 

「うわーっ」

うわーっ (はじめてのぼうけん)

うわーっ (はじめてのぼうけん)

 

 

2冊目に選んだのはこれ。

またもや表紙がカエルです(笑)

1冊目の「ぴょーん」は何度も絵本を修理しないといけないくらい読んだので、きっとこの絵本も気に入ってくれるだろうと思い、購入しました。

これもまた絵本を90°に回し立てて読む絵本。

「ぴょーん」よりも絵も内容も少しだけ複雑です。

この絵本の面白さはなんといっても一緒に大きな声で「うわーっ!」と叫べるところ。

まだお話ができない赤ちゃんでも喜んで「わー」って言ってくれます。

 

「うんちだよ」

うんちだよ (はじめてのぼうけん)

うんちだよ (はじめてのぼうけん)

 

 そして3冊目がこれ。

とっても分かりやすいタイトル(笑)

「ぴょーん」「うわーっ」よりも大きい子向けかな。

ウチは虫に興味を持ち始めた1歳半くらいに購入した気がします。

娘はめちゃめちゃ虫好きだった訳ではありませんが、それでもさまざまな虫達のうんちを面白がって何度も読み聞かせをせがみました。

大人でも思わず「へー!」と言ってしまうような絵本です。

表紙にもあるとおり女の子もうんちをするので、トイトレを子供に意識させるいいきっかけになるかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか。

まつおかたつひで先生の絵本の素敵なところは、いつでも大人も楽しめる絵本であるというところ。

この秋は、子供と同じ気持ちになってワクワクしてみませんか~?

 

 

 

大人も子供も優しい気持ちになれる「ちいさいモモちゃん」~松谷みよ子先生の魅力に迫ってみました~のお話。

「ちいさいモモちゃん」

モモちゃんとアカネちゃんの本(1)ちいさいモモちゃん (児童文学創作シリーズ)

モモちゃんとアカネちゃんの本(1)ちいさいモモちゃん (児童文学創作シリーズ)

 

 

言わずと知れた松谷みよ子大先生のお話です。

私も小学生くらいまで随分お世話になりました。

大人になり、家にあったその本はいつのまにか何処かに消えてしまったけれども、何度も読み返し、楽しかった記憶だけはしっかりと残ってました。

 

結婚し妊娠したのを機に新しく買い直しました。

お腹の子にこの優しい文章を読み聞かせたかったのもありますが、何より私がもう一度読みたかったからです。

娘が生まれ、育児に追われしばらくその本は棚の隅にありました。

娘がまだまだ大きくなるまでは読み聞かせは無理かな、と思っていたのですが…。

2歳のとある日、本棚から娘が引っ張り出してきました。

絵がほとんどないよ?いいの?と言う私に娘は 「いいの。読んで」とせがみました。

モモちゃんが生まれてから3歳になるまでのお話を書いたこの本は今ではすっかり娘のお気に入りです。

 

今日はそのお話の中でも「モモちゃんがうまれたとき」と「モモちゃん動物園にいく」をご紹介したいと思います。

 

モモちゃんがうまれたとき

このお話からモモちゃんは始まります。

これは私がモモちゃんとアカネちゃんシリーズの中で一番好きなお話。

今も昔も変わりません。

舞台はモモちゃんのおうち。

モモちゃんが生まれ、いろんなお友達がお祝いのプレゼントを持ってやってきます。

けれどもモモちゃんはそのどれも食べることはできません。

まだ生まれたばかりだから…

 

生まれたばかりの独特のとろりとした穏やかな時間の流れと、モモちゃんが描かれてる場面は本当に少ししかないのに、ずっとモモちゃんの息遣いが聞こえるかのような描写。

そんな優しい優しいお話に私は惹かれ続けているのかもしれません。

 

モモちゃん動物園にいく

これは打って変わって娘が大好きなお話。

何度となく読みました。

ライオンが怖くて、ライオンが出てくるお話はほとんど読みたがらないのにこれは平気。

モモちゃんと友達のコウちゃんの素敵な体験がキラキラと幼い子供にも分かりやすく描かれているからでしょうか。

2歳児には全てを理解する事は難しいお話だと思うんですよね、多分。

何度も読んでとせがみ、動物達とモモちゃん達との会話を楽しんでいます。

 

 

「ちいさいモモちゃん」のお話の魅力ってなんでしょう。

これを機会に考えてみました。

松谷みよ子先生のお話はどれも柔らかです。

内容がそうでなくてもとても優しい。

「かちかち山」や「したきりすずめ」などの昔話を書いた絵本もあるのですが

 原作に即しているのか、今ではあまり見られない少し残酷な描写があってもその柔らかさは失われません。

ただただ優しい。

口に出して読むとその柔らかさは際立ちます。

読み手は自分の口から出るその優しい音に癒され、子供はその優しい音に包まれたお話の世界にどっぷりと安心して浸かることができる…

松谷みよ子先生の書くお話にはどれも共通してそんな特徴があります。

 

その中でも。

その優しさに包まれることができるのが、「ちいさいモモちゃん」のお話。

だから私は幼い頃からずっと惹かれ続けているのかもしれません。

 

 

モモちゃんとアカネちゃんの本(1)ちいさいモモちゃん (児童文学創作シリーズ)

モモちゃんとアカネちゃんの本(1)ちいさいモモちゃん (児童文学創作シリーズ)