私を中心にして娘と大切なものがぐるぐる回ってます。

私の大事な娘、主人、本など好きなものや気になるものについて書き綴ってます。

雨の日は優しい気持ちで…「ぞうくんのあめふりさんぽ」

さ、さむい…。

いよいよ冬近くになってきました。

紅葉が終わってないからまだ秋なのかな。

いや、寒いから冬だ。

みたいな問答をなぜかずっとしている今日この頃。

冬と思えば、この寒さもなんとなく覚悟できます。

秋と思うと、「なんでこんなに寒いんだ!」って怒りたくなる。

ゴメンナサイ、余談でした。

 

今日の絵本は。

ぞうくんの あめふりさんぽ (こどものとも絵本)

ぞうくんの あめふりさんぽ (こどものとも絵本)

 

 「ぞうくんのあめふりさんぽ」です。

独身時代、一目見て好きになり購入した絵本のうちの一冊。

今は娘の絵本となってしまいました(泣)

この「ぞうくん」シリーズとして他に「ぞうくんのさんぽ」「ぞうくんのおおかぜさんぽ」があるのですが、この「ぞうくんのあめふりさんぽ」がダントツでオススメ。

なので、今日はこの絵本のご紹介です。

 

雨は好きですか?

じとじととしてやだ、気が滅入るしやだ、っていう方も多いと思うんですが私は大好きです。

特に夜。

雨音を聞きながらベッドで目を瞑ると、雨と一緒に私の全てが地面の中へと浸みいってくような感覚に襲われます。

変ですか(笑)?

雨が好きな私はこの「ぞうくんのあめふりさんぽ」に出会った時、その雨の描き方に一目惚れしてしまいました。

細かな線と雨粒が組み合わさりいくつも描かれていてそれはまるで霧雨のようでもあります。

その中をぞうくんはさんぽに出掛けます。

途中で出会うさまざまな動物の友達。

泳げないぞうくんを友達は助けてくれます。

小さな亀さえも。

そしてこの「ぞうくん」シリーズのクライマックスはお決まりのパターン。

みんな雨の中楽しく遊ぶシーンで話は終わります。

雨の日に優しい気持ちで読みたくなる絵本。

 

娘がお腹の中にいた頃はよく読み聞かせをしていた絵本でもあります。

胎教で読むにはママが優しい気持ちになれる=優しい声になれる絵本が一番。

なので雨の日は決まってこの絵本を選んで読んでいました。

これから寒い日が続き、雨も増えます。

憂鬱だな~なんて思わず、雨を素敵に描いたこんな絵本で雨の日もほっこりしてみてはどうでしょうか。

 

 

ぞうくんの あめふりさんぽ (こどものとも絵本)

ぞうくんの あめふりさんぽ (こどものとも絵本)

 

 

 

「わがはいは大きいやぎくんだ!」の台詞が大好きです(笑)「3びきのやぎくん」

ある日のこと。

坊主頭のパパを見て、

「どうして(髪が)ツクツクなの?はりねずみになりたいから?針山になりたいから?」

とたたみかけるように質問していた3歳娘。

挙句には「今日からパパは『〇〇(苗字)針山』っていうお名前ね」と宣言。

いやはや3歳児、恐るべしです(苦笑)

 

さて、今日の絵本。

大きなかぶ・3びきのやぎくん (えほん世界のおはなし (2))

大きなかぶ・3びきのやぎくん (えほん世界のおはなし (2))

 

 「大きなかぶ・3びきのやぎくん」から「3びきのやぎくん」のお話を。

 

これは有名なノルウェーの昔話。

三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ)

三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ)

 

 こっちの絵の方が馴染みがある方が多いかもしれませんね。

でも私としては先に紹介した「3びきのやぎくん」の挿絵や言葉が好きなのでそちらを読むのをオススメしたい。

 

話は簡単。

内容を知ってる方も多いと思うので若干ネタバレしますが、3匹のやぎくんが1匹ずつ怖いトロルのいる橋を渡ります。

まずは小さいやぎくん、中くらいのやぎくん、そして大きいやぎくん。

小さいやぎくんと中くらいのやぎくんは怖いトロルに食べられそうになって言う訳です。

「大きいやぎくんがやってくるからそっちを食べた方がいいよ」って。

で、大きいやぎくん満を持して登場。

もう本当は本当にネタバレしたいんですけど…我慢します。面白過ぎるから。

でも大きいやぎくんが言うんです。

「わがはいが大きいやぎくんだ!」って(笑)

もう爆笑ものです。

そこから畳み掛けるようなトロルとの戦い。

 

最初に読んだ時、お腹を抱えて笑いました。

昔話にこんな4コマ漫画のような、コントのような面白話があったのか!と。

また、絵もいいんですよねぇ(笑)

「三匹のやぎのがらがらどん」とは違い、「3びきのやぎくん」はもうちょっと面白系の挿絵になってます。

例えが上手くないけど、「もののけ姫」のシシガミ様っぽい?!

それがまた笑いを誘う誘う。

言葉のセレクトもまた良い。

「わがはいが大きいやぎくんだ!」って…(笑)

なんか、この絵本、図書館で借りたんですけど思い出すとまた借りて読みたくなってきました。

でも買おうかな。ずっと持ってたいかも、この絵本(笑)

 

 

大きなかぶ・3びきのやぎくん (えほん世界のおはなし (2))

大きなかぶ・3びきのやぎくん (えほん世界のおはなし (2))

 

 

 

 

 

頭脳派豊臣秀吉の謀略とは?「空白の桶狭間」後半戦。

もうもうもう一気に読んでしまいました!

「空白の桶狭間

空白の桶狭間 (新潮文庫)

空白の桶狭間 (新潮文庫)

 

 

先日、前半戦の感想記事↓をアップしてから私のテンションは上がりっぱなしでした。

jomocop.hatenablog.com

後半戦の感想。

いやー面白かった!!!

もうこれに尽きます!

月並みな感想でゴメンナサイ!

 

肝心の桶狭間での戦い(戦いと言ってもいいのだろうか?)。

藤吉郎(のちの豊臣秀吉)と「山の民」(これは詳しくは↑「真の豊臣秀吉とは?『空白の桶狭間』前半戦。」にて読んでみて下さい)との間で綿密に練られた謀略。

織田信長ですら何も知らない。

大敵今川義元を前になす術のない織田信長

野戦か籠城か。

藤吉郎が提案したのはそのどちらでもない降伏。

激昂する織田信長

自ら密かに考えていた策は藤吉郎に見破られ「それでは負けまする」とばっさり切られ…。

 

わずか20人で降伏の場、桶狭間山に向かう織田勢。

これから何が起こるのか敵も味方も何も知らず、知るのは藤吉郎と隠された「山の民」のみ。

双方を欺いた藤吉郎の桶狭間山での謀略は戦国時代だから当然生臭いものなのだけれど、そこに至るまでの細かな根回し、自らの計画を遂行するための敵味方関係無しの心理戦等々は野蛮なものとは決して言えず、現代となんら変わらない長けた政治的手腕を感じさせます。

  

そして、けれど、最後には歴史を自分の都合の良いように上手く塗り替えてしまう織田信長

自らの功労を全て織田信長の天運とされた藤吉郎の悔しさが、↓の記事でも書いた「本能寺の変は秀吉が仕組んだかもしれない」説に繋がっていくのかな…。

jomocop.hatenablog.com

 

加藤廣先生の作品をひとつ読むと新たな謎が生まれます。

びみょ~なもやもやと一緒に…。

それが私を加藤廣先生ワールド(ラビリンスか?)に閉じ込めて出られなくしてしまっている原因なのかも。

まんまと術中に嵌ってます。

恐るべし加藤廣

まだまだ謎の多い豊臣秀吉

魅力満載な豊臣秀吉

今度は「信長の棺」か「秀吉の枷」あたりを読もうかしら…。

 

 

空白の桶狭間 (新潮文庫)

空白の桶狭間 (新潮文庫)

 

 

 

乳幼児健診についての疑問を書いてみた。

f:id:jomocop:20181115221846j:plain

先日、3歳児健診に行って来ました。

いや~乳幼児健診って疲れるけど、面白いし色々勉強になりますよね!

今日は3歳児健診で思ったことをつらつらと書きたいと思います。

 

いつも思うんです、乳幼児健診。

どうして子供の成長を計る物差しが一つしかないんだろう。

問診票に子供ができること、できないことに〇をして、そのうちのいくつかを実際に試させて…それだけでいいの?

口は悪いけれどお役所仕事なのかなぁ、という感じがします。

保健師さんはその月齢の平均から下がっている子をチェックしてます。

「できない」「しようとしない」には敏感に反応します。

必要であれば病院に行くよう勧める。

けれど。

保健師さんは、都道府県は、月齢の平均以上を行く子らを更に伸ばそうとは思わないのかな?

その能力を褒め、これからどのように伸ばしていくかをアドバイスするのもとっても大切な仕事のように感じるんですが。

だって、それは都道府県にとっての、国にとっての優秀な人材になるかもしれないじゃないですか。

「個性重視」の教育方針になって久しいけれど、それでもまだまだ…という感じがしますよね。

 

バランスよく物事を吸収させるより、子供は好きなものから吸収させる方が全体の力が伸びることが多いです。

好きなもので好奇心が芽生え、反復することを厭わず、集中し、結果が自信へと繋がるからです。

自信は、他のものに対する興味を広げる役割も果たしてくれます。

総じて全体の力がアップする。

それはバランスよく…というのではないことも多いけれど、それでも平均値をとれば「バランスよく…」よりも「好きなものから…」の方が全体の平均値は高いもの。

なのに、日本ではまだまだバランス重視の教育が多い気がします。

 

乳幼児健診でも同じ。

都道府県が、国が、子供を育てると考えた時、勿体ないことですよね。

「子は国の宝」というのに。

小学生になってからでは遅いのに。

親の虐待を受けてない、食事をきちんと食べる、歯磨きをちゃんとする…全員が全員じゃないけれど意識高めなパパママは現代、とても多くなり、それらのことができている家庭も昔よりは増えました。

それは国がケアしたり、正しい情報を提供し続けた賜物と思います。

だから家庭環境や育児への水準が上がった、それも事実です。

じゃあ、今何をすべきか。

小学生低学年からの英語教育、プログラミング、とても良いと思います。

けれど、その下にももっと目を向けてもらえないでしょうか。

 

小さいけれど見つけた子供の才能の伸ばし方を知らない親は多い。

せっかく見つけたのに画一的な知育教材や教室に頼ることしかできず、気付けば他の子と変わらなくなってしまう子供も沢山います。

子供の可能性を伸ばすためのアドバイスをもっと都道府県や国がしてくれれば、と思います。

小学生になってからでは遅いんです。

運動能力が決まる幼児期。集中力が育つ幼児期。

大切な幼児期にもっともっと子供の可能性を開花させかつ伸ばすようなアドバイスをもらえたら…そう思います。

 

本当に生意気言ってすみません(汗)

現場に立つ方々からしたら、色々ご意見もあることでしょう。

けれど、こんな風に考えてるママもいるということを知ってもらえたら…と思い、今日は書きました。

 

名作「おにぎりがしま」おにぎり好きな大人の方も読んでみてください~。

私がいつか手に入れたい絵本。

それは「おにぎりがしま」

おにぎりがしま

おにぎりがしま

 

 今は駄目です。今は。

だって3歳娘に持ってかれちゃうもの。

独身時代から絵本を収集していた私。

その全ては娘の書棚に移行され、もはや私のものなんだかなんなんだか…。

いいんですけどね。

いつか子供を産んだら読んであげようと思っていたし。

それってそういう心積もりで買った訳だし娘に見せた訳だし。

でもこの絵本は。

そういう心積もりじゃないの。

当分一人で楽しみたいの。

話の内容は知ってるけど、可能なら2、3年くらいは自分の本として置いておきたい。

けれどウチの3歳児。

私の書棚からめぼしいものを見つけたら持ってって勝手に読んでるんです。

んでしかも自分の本として扱ってる。

だから今は買えません。

(娘に見られないよう隠しておくのも嫌だし)

 

さてこの「おにぎりがしま」

名作です。

ストーリーはこんな感じ。

ある男の子が小鬼と船である島へ行きました。

そこでおにぎり作りを始めた二人。

その美味しさが評判を呼び、島は繁盛、「おにぎりがしま」になりました。という感じ。

言うなれば男の子と小鬼のサクセスストーリーみたいなとこ?

まーこの出てくる子鬼、表紙にもなってるんですがとっても可愛いです!

あどけないクルクルとした目で見られると…はぁってため息でちゃう(笑)

でもこの小鬼、凄いんですよ。

色々できます。

雷だって使えますしね。

そしてできあがったおにぎりの種類が半端ない!

よく見知ったもの、食べたことないけど美味しそうなもの、食べたことないけど絶対不味そうなもの、グロそうなもの…見開き1ページで書かれているところがあるんですが、私も娘もそのページが大好き。

きっとおにぎり好きな人も楽しめるページです。

 

この男の子と小鬼の作るおにぎりも素敵なんですけど、もうひとつ素敵ポイントが。

それはその挿絵。

絵本ですから挿絵はかなり重要です。

これは昔々の日本を題材としたような設定になっていて、古き良き日本の風景みたいなとこが描かれています。

そして古き良き妖怪たちも…(笑)

みんなおにぎりが大好きで買いに来てくれます。

 

起承転結で言うなら「転」の部分が多分無くて、淡々と進むこの物語。

癒されます。

だからおにぎり好きで癒されたい大人の方。

(ウチの娘みたいな)食いしん坊の子供をお持ちの方にオススメな絵本。

2歳~読み聞かせできる絵本ですよ。

チェックしてみてくださいね♪

 

 

おにぎりがしま

おにぎりがしま

 

 

 

 

真の豊臣秀吉とは?「空白の桶狭間」前半戦。

豊臣秀吉はとても頭が良かった。

一言で言ってしまえばそれで済む。

そんな事実は今まで私は知りませんでした。

 

平民出、猿、女好き、茶の湯好き、成金趣味。

私がイメージしていたのはそんなとこ。

けれど、下克上とはいえ格差社会格差社会の時代にあってそんな人間がなぜ関白にまで上りつめることができたのか?

ずっと謎でした。

私が持っていたイメージと繋げるには「運が良かった」というあいまいな表現くらいしか思いつかず…。

 

私の豊臣秀吉に対する疑問に一つずつ答えてくれているのが、今日紹介する「空白の桶狭間」(加藤廣 著)です。 

空白の桶狭間 (新潮文庫)

空白の桶狭間 (新潮文庫)

 

 まぁ~加藤廣先生の作品に夢中になって読むのは早4作目。

以前には

jomocop.hatenablog.com

jomocop.hatenablog.com

jomocop.hatenablog.com

加藤廣先生の作品でこんな記事も書かせていただきました。

私個人の面白順位としては

  1. 秘録 島原の乱
  2. 神君家康の密書
  3. 利休の闇

なのですが、今回の「空白の桶狭間」は「秘録 島原の乱」と1位を争うぐらいの面白さ!

 

とはいえ、まだ「空白の桶狭間」は半分ほどしか読み進んでいません(汗)

ではなぜ面白い!と言い切れるのか?

理由は簡単、私の謎に答えてくれるから(笑)

 

前半では平民出にも関らず、なぜ彼が出世できたのか、猿と呼ばれたその理由もとても納得できる内容になってます。

あ。これは「空白の桶狭間」のタイトルでも分かるように今川義元織田信長との話が本筋。その流れの中で木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)の人身掌握術や政治的手腕などが描かれていきます。

 

木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)、平民出ですが元は「山の民」と言われる一族の出。

加藤廣先生の本を読むまで知らなかったんですが、昔、山には争いから逃れて都から山に移り住んだ地位の高い人々がいたようで。

そのため、優れた知識を持っている人々が多かったようです。

藤吉郎はその山から下りて平地で平民として暮していた血筋の二代目。

当然、「山の民」に脈々と受け継がれていた技術等を父親から教えられていたので、平地の平民よりも優れていたようです。

なるほど。

っていうかこんな話知らない。

授業では教えてもらえない話ですよね?

藤吉郎には出世する素養がしっかりあったということです。

藤吉郎はその「山の民」と連携しながら、今川義元との戦いで織田信長勢を上手く勝利に導こうとします。

そこには幾多の謀略があり、私は読んでて興奮しっぱなし(笑)

 

ぜんっぜんタイプじゃないし、全くと言っていいほど興味のなかった豊臣秀吉という人物ですが、現在、どんどん好きになっています(笑)

今後の展開が楽しみです♪

 

 

空白の桶狭間 (新潮文庫)

空白の桶狭間 (新潮文庫)

 

 

 

 

 

 

「はらぺこあおむし」 翻訳者である森比左志さんの父性的な温かさを感じられるこの絵本と当時1歳娘との出会い。

先日、「はらぺこあおむし」の翻訳者の方が亡くなられました。

心よりご冥福をお祈りします。

 

 

はらぺこあおむし エリック=カール作

はらぺこあおむし エリック=カール作

 

3歳娘も、以前は「はらぺこあおむし」の絵本には大変お世話になりました。

とっても有名な絵本ですけど、購入時は私が買おうと思って買った絵本ではありませんでした。

絵本がとても大好きで独身時代は集めているほどだった私自身としては「はらぺこあおむし」はあまりに有名な絵本ですし、敢えて手を出してないような感じでした。

ありますよね、そういうもの。

いつでも簡単に買える、いつでも簡単に見つけられる、そういうものって「いつか」って思いつつずっと手を出さないみたいな(笑)

私にとってはそういう位置付けの絵本でした。

だから購入時、娘には別の絵本を買ってあげようと思っていたんです。

当時は確か1歳になったくらいの頃だったと思います。

 

話は変わりますが…

いもむし・あおむし系ってどうしてあんなに子供に人気があるのでしょうか(笑)

例えばぬいぐるみ。

こういうの、 虫嫌いだと受けつけないですよね(汗)

でも結構プレイルームやおもちゃ屋さんでも見かけます。

 

あと「いないいないばぁ」のむしむしくん

 っていうか、これむしむしくんて言うんですね。

今まで知りませんでした(汗)

「いないいないばあ」の中で、むしむしくんがTVの前の子供に話しかけてくれるんですよね。

「ぼくのこと好き?」なんて(笑)

娘に至っては夢中になって「すきすきすきすき~!!!」って叫んでます。

いもむし・あおむしの魅力…それはとてもじゃないけど私には解りません。

けれど子供が好きな虫であることは確かです。

 

 

はらぺこあおむし」は当時1歳の娘が見つけました。

まだおぼつかない足取りで、「はらぺこあおむし」の絵本を始めとした様々なグッズが積み上げられてるコーナーで、娘は一生懸命にこの絵本を見ていました。

子供のいもむし・あおむし大好きセンサーが働いたのかな(笑)

1歳なんて、何かに執心するというのはあまりない時期ですから、本人が気に入ってるならまぁ買おうか…みたいな感じで購入したのを覚えています。

 

それから、たくさん読みました。

子供の目を惹く色彩。

子供の大好きな果物や、まだ食べたことないけれどいつか食べてみたい食べ物が沢山並び、食いしん坊の娘は食べ物シーンになると毎回興奮してました。

そして…きっと子供にとっては不思議な場面なんでしょうね、緑のはらぺこあおむしが茶色いさなぎになり、綺麗な蝶に変身する…。

 

小さなドキドキと小さな感動が詰まった「はらぺこあおむし

子供にこびるのではなく、けれどとても優しい言葉で話が綴られています。

女性的な口語表現も出てくるんですけど、全体の文調はさっぱりとして淡々としていて。

翻訳者である森比左志さんが男性だからなんでしょうか。

父性的な温かみを感じさせる絵本です。

 

何度も何度も読み、そのうち遠のき、3歳になった今では「はらぺこあおむし」は時折思い出したように持って来る絵本の一冊になりました。

けれど、本棚にある背表紙を見ると今も「もっかい読んで」としきりにせがんでいた幼い日の娘の姿を思い出すことができる大切な大切な一冊です。

 

 

はらぺこあおむし エリック=カール作

はらぺこあおむし エリック=カール作