私を中心にして娘と大切なものがぐるぐる回ってます。

私の大事な娘、主人、本など好きなものや気になるものについて書き綴ってます。

3歳の反抗期にある試し行動。「依存」と「抵抗」について

f:id:jomocop:20181208142910j:plain


見立て遊びが好きな3歳娘。

見立て遊びと似たようなものなのでしょうか。

以前にも増して「自分が赤ちゃんになる」遊びが大好きな娘です。

 

よく、下の子ができると上の子が赤ちゃん返りするって言いますよね。

ウチは下の子いないのに赤ちゃん返りしてるんですけど(笑)

もしかしたら、赤ちゃん返りは下の子に奪われた親の愛情を取り戻したい一身で出る言動とは限らず、どちらかというと試し行動に近いのかも。

今日は3歳児の第一次反抗期における試し行動の要素となっている依存と抵抗についてお話したいと思います。

 

3歳児。

なんでも嫌!のイヤイヤ期を終えたと同時にその第一次反抗期は始まります。

私が見ている限り、子供の試し行動には主に依存タイプと抵抗タイプに分かれるような気がします。

「ウチの子は抵抗タイプだわー」となんとなく心当たりはありませんか。

そのどちらも試し行動。

親の愛がどれほどのものなのか試しているのです。

親は自分を深く深く愛してくれているのかどうか。

自分は絶対的に肯定される存在なのかどうか。

極論を言えば生きていて良いのかどうか。

それを何度も何度も繰り返します。

2歳児のイヤイヤ期を自我の芽生えと捉えるなら、3歳の第一次反抗期は自らの存在確認、存在意義の確認、といったところでしょうか。

中学生頃に思春期=第二次反抗期を迎えますよね。

身体がぐんと成長する時期、心は不安定になりどこかに拠りどころを求めます。

けれど親に甘えて泣き叫ぶような年齢ではもうない。

その不安定さと足元がぐらつくのに一人で立たなければならないという危機感、そういったものから心は更に乱れ、どうしようもなくなり、かつては自分の分身でもあった親にその苛立ちをぶつけるのかもしれません。

同時に再度、試し行動をし、親の愛を再確認する。

自分はどんな存在であっても愛されているのだと再認識する。

これが第二次反抗期だと思います。

 

言動は違えど3歳児の第一次反抗期も似たようなものかもしれません。

大人になると、自分の3歳の頃は思い出せないけれど、思春期の頃の苛立ちやもどかしさは思い出せるのではないでしょうか。

3歳児も同じような苛立ちやもどかしさを感じていると考えてみましょう。

彼等は思春期の頃のあなたです。

もっとできる筈なのに思うようにできず苛立つ。

とにかく愛されたい、認められ、受容されたいと願う。

3歳は素直です。

それがそのまま依存や抵抗に表れます。

思春期のような複雑さはありません。

 

依存はひたすら甘えてどれだけ自分が愛されているか受け入れられるかを確認します。

ウチの娘は完全依存タイプ。

抵抗面は少ないです。

だから時には赤ちゃんの真似をして、できるのにできないように振る舞い、受け入れられたがります。

もしかしたら依存タイプは女の子脳の子供に多いかもしれません。

なぜなら親の気持ちを汲むのが上手だから。

抵抗すれば親が困るのを知っているのです。

だから抵抗タイプではなく依存タイプ。

逆に抵抗タイプは自分の心に率直な子といえるかもしれません。

男の子脳ですよね。

けれどもできるのにできないように振る舞うのは同じ。

それが「嫌!」にストレートにつながる訳です。

パパママを困らせ、困っていてもなお受け入れてくれることを願っています。

そうして両者とも愛情を計っているのです。

 

さて。

あなたのお子さんはどちらのタイプでしょうか。もしくはどちらのタイプでしょうか。

依存タイプであればとことんハグして愛してあげましょう。

抵抗タイプなら困らせることで愛情度合いを測っているのだと考え、許す態度を見せてあげるのが大切でしょう。

でもどちらもやっても良いこと悪いことのケジメはきっちりと。

無制限に受容すること=愛情ではありませんよね。

もう3歳。

分かっていないようでもちゃんと分かります。

それが受容なのか放置なのか。

 

日々、イヤイヤ期や反抗期の子供と接しているのはとても大変なことだと思います。

決して無理をしないように、上手く力を抜いて育児をしていきましょうね。

その上で彼らの試し行動にはどんな意味があるのか、本当に彼らが求めているのは何なのかをたまには考えられるといいかもしれないですね。

ハッピーセットの「NEOシリーズミニ図鑑」は子供の好奇心をくすぐる仕掛けが沢山!

こんにちは。

先日お話してたぜんざい用の小豆をやっと炊くことができました。

始動に時間はかかったものの、やればあっという間。

ウチには強い味方がいます。

その名もスロークッカー

TWINBIRD タイマー付スロークッカー レッド EP-D727R

TWINBIRD タイマー付スロークッカー レッド EP-D727R

 

 実家にも昔からあって、欲しくって結婚してすぐに購入。

普段から豚の角煮をしたりサムゲタン(風)を作ったり重宝してます。

そしてこの時期は小豆。

とっても簡単にぜんざいができるんですよ♪

水に浸しておいたり色んな手間は全くありません。

洗った小豆と水を入れて約8時間タイマーのスイッチオン。

あとは途中に灰汁を取り、出来上がる少し前に砂糖と塩を入れるだけ。

本当に楽で助かります。

実家の母は、毎年これでおいしい黒豆を正月に出してくれました。

今年はまだバタバタしててそこまで手が回らないけれど、いつかは私も黒豆作りたいな~♪

 

さてさて。

前置きが長くってスミマセン(汗)

今日の絵本は 。

 マクドナルドハッピーセットの付録として大人気「NEOシリーズミニ図鑑」です。

現在は第3弾「魚」

12月21日からは「危険生物」に変わるようですね。

 

同時に絵本もあって選べるんですが、ウチは絵本も図鑑も第1弾から全て持ってます(笑)

毎回きっちりマクドナルドで入手してる訳じゃないんですけど、娘の本好きを知っている知人が新しく出ると持ってきてくれたりして。

(絵本の方については↓こちらの記事で紹介してます)

jomocop.hatenablog.com

 

幼い子供を持つパパママへ。

いつから子供には図鑑を持たせていますか?

もしくはいつから図鑑を持たせようと思っていますか?

これって何気に悩むところですよね。

図鑑ってかさ張るし金額もそれなりにするものだから、どうせなら読む時期に与えたいけれどいつがタイミングか分からないし、全部揃えるべきなのかどうかも迷いどころ。

 

そんな時に超オススメなのが、このハッピーセットの「NEOシリーズミニ図鑑」。

ミニ図鑑だけに、子供の興味を惹く作りになっています。

例えば「動物/イヌのなかま」の図鑑ではタヌキやキツネもイヌ科に属することが書かれています。

これって大人でも案外知らなかったりしますよね?

(私は知らなくて娘と「へー!」ってなってました…笑)

それから「魚」の図鑑ではあまり知られていないけれど名前や容貌が特徴的で子供の好奇心をくすぐる魚が沢山。

私はアカマンボウ(赤色のマンボウ)がいることを初めて知りました。

あとこの「NEOシリーズミニ図鑑」が面白いところはクイズがついているところ。

写真の図鑑にはまだあまり馴染みがない(怖がりゆえに絵の方がいいらしい…)3歳娘もクイズは楽しいみたいでアライグマとタヌキの顔の違いを一生懸命見分けてました。

 

この図鑑はミニではあるけれど、そんな図鑑の楽しさをギュッと詰めて紹介してくれるような本でもあります。

大きな図鑑を買おうかどうしようか迷っているパパママは、この図鑑で子供の興味度を調べてみてはいかがでしょうか?

もし興味をあまり持たなかったとしても、小さい本なので本棚に入れておいても邪魔にはならないですし、子供がもう少し大きくなったり対象物に興味を持ち始めたらさっと出してあげれば、子供の好奇心を満たすことができます。

それで子供の好きなものの図鑑から揃えていくのも良いですよね。

 

マクドナルドのサイトでは試し読みもできるので、よかったら見てみてくださいね。

 

 

 

 

 

2018年3歳娘の可愛いとこベスト5!

f:id:jomocop:20181206142403j:plain

急に寒くなりました。

今年もはや年の瀬。

暖冬だな~暖かいな~冬っぽくないな~とつい先日までは思っていたのに。

突然やってきたような冬。

皆様どうぞご自愛ください♪

 

そんな年の終りを意識する今日は、2018年で感じた娘の可愛いところをまとめてみたいと思います。

題して「2018年3歳娘の可愛いとこベスト5!」

親バカな台詞が続くかと思いますがどうぞお許し下さい(笑)

 

1.「ママにピッタリしないと眠れません」な娘

1位はなんといってもコレ。

私にピッタリくっつかないと寝れないんです(笑)

3歳の誕生日を期に長かった母乳生活を終えた3歳娘。

それからも私に変わりなくくっついて寝てくれるのですが…少しずつ変化してます。

夏は私の二の腕のふよふよ加減がおっぱいを連想させたのでしょうか、二の腕を自分の口にあて寝ていた娘。

今は二の腕の代わりに私の頬を両手で挟むか耳たぶをもみもみしながら寝るんです。

もちろん抱っこされてないと嫌。

耳たぶは居心地あんまり良くなくて私は寝れないんですけど、頬は別。

娘の手が暖かくてふわふわで私の方があっという間に寝てしまいます。

きっとこれも今だけのこと…毎晩堪能させていただいてます(笑)

 

2.「すさびー」からの成長

娘がずっと上手く言えなくて言ってた言葉なんですが、この「すさびー」、なんだか分かりますか?

実はこれ「ひさしぶり」なんです。

なぜ「すさびー」と言っていたのかは謎。

けれど2歳まではずっと「すさびー」と言ってました(笑)

それが3歳になり。

「すさびー」→「ひさぶー」→「ひさぶり」にまで見事に進化!

今ではあの可愛い「すさびー」は聞けませんが、「ひさぶり」と拙い感じで言うのもまた可愛い♪

「ひさしぶり」というようになったらまた今の「ひさぶり」を懐かしく感じるんだろうなぁ…。

 

3.「おもた」

これもなんだか分かりますか?

「おもちゃ」です。

まだ「ちゃ」が上手く言えないようで。

「おもた」→「おもちゃ」

「むぎた」→「むぎちゃ」

「たいろ」→「ちゃいろ」

こんな感じです。

幼児特有の舌ったらずなのも今だけの時期。貴重です。

ちなみに「おもちゃのちゃちゃちゃ」の歌は「おもたのたたた♪」と歌ってます。

 

4.赤黄緑の配色が好きなので…

3歳児ならではの見立て遊びがブームの娘。

最近、パパママ自分を別のものに見立てて喜んでいます。

例えば

「〇〇ちゃん(娘の名前)はトマトね。ママはたまごやき。パパはブロッコリー」と言ってお弁当箱に入ろう~とお風呂に行く。

またある時は

「〇〇ちゃん(娘の名前)はカニさんなんだよ~。ママは黄色いフグさん。パパはワカメ。〇〇ちゃんはカニさんだから、パパのことハサミで切っちゃうんだ~。でもパパは『痛くないよ』って言ってくれるよ」

必ずキャスティングが、娘は自身が大好きな赤、私が黄色、パパが緑になってます。

そしてパパのことはよく

ブロッコリー帰ってくるの遅いね~」とか

「(お風呂で)ブロッコリー茹でた?」などと言い、半ばあだ名のように…。

聞いてて面白いです。

 

5.替え歌

ぐずっている娘をあやす時に私が良く使うのが替え歌。

娘の知ってる歌を適当に替え歌にして気を逸らせてます。

それで昔こどもちゃれんじを受講していた時に知った歌を私が替え歌にしたことがあって。

それを娘が歌うと面白いんですよね。

こどもちゃれんじの原曲はこうです。

「かわいいかわいい りんごのほっぺ

かわいいかわいい ぶどうのおめめ

ちっちゃなちっちゃな バナナのおはな

お口は さくらんぼ~」

メロディは「魔法のゆび」(まほうのゆびがいっぽんあるよ~♪)という子供の手遊び歌と同じ。

すごく可愛い歌だし、子供の顔を撫でながら歌うので娘は大好きで。

それをパパ用に替え歌にしたのがこちら。

「かわいいかわいい たこ焼きほっぺ

かわいいかわいい どんぐりまなこ

おっきなおっきな だんごのおはな

お口は からすみよ~」

もちろん手遊び付きです。

最後の「からすみよ~」の部分はパパの唇を指で挟み、タラコ状態にするんですが、娘はこれがお気に入り。

力いっぱいやってます(笑)

 

どれもこれも愛おしくなる娘の言動。

けれどきっと今だけのブーム。

来年も見られるかは分かりません。

毎日毎日幼い子の育児は大変だけど、笑ったり和ませてもらってることも沢山あります。

それを糧にして、来年も一日一日頑張っていけたらと思います。

 

 

名作昔話「てぶくろ」大人になって読むとちょっと面白系絵本だった?!

3歳娘が熱を出しました。

夕方に38.4℃。

しんどいのかさすがに大人しめ。

夜になって上がるのを心配していたけれど少し下がってくれました。

けれどまだ37.7℃。

心配です。

今のとこ気になる症状は熱くらいですが、以前も先に熱が上がりそれから咳、鼻水といった症状が現れてきたので明日は様子を見なきゃなぁと思ってます。

ありがたいことに赤ちゃんの頃からあまり体調を崩すことなく元気に育ってくれている娘。

早く元気になりますように…。

 

今日はそんな体調のすぐれない娘に読んであげた一冊。

名作「てぶくろ」です。

てぶくろ (世界傑作絵本シリーズ)

てぶくろ (世界傑作絵本シリーズ)

 

 名作過ぎるくらいの名作ですし、昔からある絵本なので子供時代に読んだことのある方も多いのではないでしょうか。

私もお世話になりました。

けどこの絵本、大人になって読むと色々突っ込みどころ満載で面白いですね(笑)

 

内容は、おじいさんが森に落としていった手袋に動物が住み着くというもの。

が、この手袋がすごい!

手袋のサイズが全く読めません!

だって最初はネズミが一匹で暮らしていたのに、最終的にはカエル、ウサギ、キツネ、オオカミ、イノシシ、クマが全部中に入るんですよ?ありえなくないですか?!

おじいさん巨人なの??って思わず突っ込みたくなる(笑)

中がぎゅうぎゅう詰めになってる挿絵もなんだか可愛くって好き。

動物そのものはリアルでオオカミもイノシシも可愛い感じじゃないんですけどね。

それがぎゅうぎゅうに詰まっていると可愛いもんです。

 

そしてその選ばれた動物達。

完璧捕食関係にあるよね…。

それを考えちゃうのは私が無粋な大人だからでしょうか(苦笑)

 

子供にはいろんな動物がやってきて同じ会話の繰り返しがあって仲良く手袋に収まる楽しい絵本。

大人には色々突っ込みたくなるような面白系絵本。

全く別の視点で大人になっても楽しめる絵本って多くはないので貴重です。

「さんびきのやぎくん」といい、名作と呼ばれる昔話ってほんと奥が深いわ…。

(「さんびきのやぎくん」についてはこちらの記事↓へどうぞ~)

jomocop.hatenablog.com

 

これから雪降る冬にぴったりの絵本なので、初めての方には新鮮な感覚の名作昔話として、読んだことのある方には昔を懐かしんで、読んでみてはいかがでしょうか。 

てぶくろ (世界傑作絵本シリーズ)

てぶくろ (世界傑作絵本シリーズ)

 

 

 

 

とにかく食べたくなる絵本(笑)「くだものぱくっ」

最近ちょっとずつ…おせちの準備を始めてます。

早いかな(笑)

でも、娘がまだ幼い今、年末にまとめて準備をする時間的余裕はまだなく…。

今から少しずつでもできたらと思い、冷凍できるものから始めました。

今日はお重に入れる筑前煮のさやえんどうを下茹でして冷凍しました。

まぁこんな程度ですが(汗)

近いうちにぜんざいに使う小豆を炊こうかなぁと思ってます。

 

今日の絵本は大人にも見て欲しい癒し系の一冊。

アートとしてもとても優れているなぁと思う絵本。

くだもの ぱくっ (講談社の創作絵本)

くだもの ぱくっ (講談社の創作絵本)

 

 「くだものぱくっ」です。

実はこれ、木版画の絵本。「浮世絵の手法で摺られた」と絵本カバーには書いてあります。

とにかく美しくとにかくリアル。

この木版画の絵本はシリーズものというか何冊も出版されていて「パンどうぞ」「ケーキやけました」「コロッケやけました」「スープになりました」があります。

どれも美味しそうで3歳娘が大好きなので全て読んだことがあるのですが、私の中ではこの「くだものぱくっ」が一番美しい!

「パンどうぞ」「ケーキやけました」「コロッケやけました」まではほとんど茶系というか…なんとなく木版画っぽかったんですよね。

いや、言われなければ木版画には見えない優しいタッチの挿絵で、言われたら「あぁそうなんだ」と思わせられる絵本、というか…。

で、「スープになりました」で色が鮮やかになり、「あれ?ちょっと変わった?」と思い、そして今回の「くだものぱくっ」。

一味違います。

ううん。二味も三味?も違う。

木版画と分かっているのに木版画のようには見えない。

木の固さは微塵もなく、独特の繊細さ、色の美しさといったら…。

バナナのつるりとした皮の触感、切ったメロンの瑞々しさ。

甘い香りが絵本から匂い立つよう。

 

前作までの絵本も娘は勿論大好きだったのですが、これは一度読んですぐに「もっともっと!」とせがむくらい気に入ったようで。

「ぱくっ」という台詞の都度、娘の口に絵本を近づけてやると美味しそうに食べる真似をしていました。

 

話は果物を食べるというシンプルな内容ですが、何度見ても見飽きない絵の美しさはアート好きな友人へのプチプレゼントとしても喜ばれる一冊。

勿論、ウチの娘のような食いしん坊な子供にもピッタリ(笑)

是非是非読んでみてくださいね。

 

 

くだもの ぱくっ (講談社の創作絵本)

くだもの ぱくっ (講談社の創作絵本)

 

 

 

今でも大好き!「こぐまのくうぴい」シリーズ絵本。

クリスマスに家族みんなでお出掛けしようと思ってます。

でも場所が…場所が…中々決まりません(泣)

今一つ主人と「これだー!」って一致しない…。

スケジュール調整もあるし、チケット必要なら早めに取らないといけないし、3歳娘と今から盛り上がりたいし、早く決めたいんですけどね。

ちょっと今は考えるの放置中です。

なんか良いプラン降りてこーい(笑)

 

さてさて今日の絵本は。

3歳娘が幼い時から愛している「こぐまのくうぴい」シリーズです。

ぱくぱく くうぴい―こぐまのくうぴい (ミキハウスの絵本)

ぱくぱく くうぴい―こぐまのくうぴい (ミキハウスの絵本)

 

 この「こぐまのくうぴい」シリーズ、実にたくさん出版されてます。

「ぱくぱくくうぴい」の他は、「トイレですっきり」「あぶない!くうぴい」「すきすきはみがき」などなど…。

主に小さな子供に生活習慣を教えてくれる絵本。

娘は1歳前後から図書館で借りてきてた絵本ですが、未だに好きでちょくちょく借ります。

 

なんでしょうね。このシリーズの魅力。

生活習慣の絵本って大人から見ると正直大して魅力のあるものではないんですが(汗)

おそらく娘がハマる理由としてはいろんな物がおしゃべりして教えてくれるところなんじゃないでしょうか。

生活習慣を教えるのはくうぴいのパパやママだけではありません。

くうぴいの周りにあるおもちゃや生活用品たちが優しく可愛く教えてくれるんです。

そしておもちゃや生活用品たちはくうぴいに教えてるんですが、読んでいるとなんとなく優しく自分に話しかけてくれてるような感覚になるんですよね。

小さな子供向けのシンプルな絵本なんですけどね、不思議です。

 

小さな子供達にとって生活習慣はとっても興味のあること。

おそらくパパママの毎日することを見て憧れたり不思議に感じたり…沢山していると思うんです。

その意味や方法について優しく分かりやすく、こぐまのくうぴいは教えてくれます。

3歳娘も何度も何度も読んで日々の生活に重ね合わせ、読むたびに新しい発見をしているみたい。

もう随分生活習慣は理解していると思うんですが、この分だとまだまだくうぴいにはお世話になりそうです(笑)

 

色も原色が多く、子供の目を惹きやすい挿絵になってるこの「こぐまのくうぴい」シリーズ。

そろそろ生活習慣を知って欲しいなぁと思う1歳前くらい前からオススメの絵本です。

 

 

ぱくぱく くうぴい―こぐまのくうぴい (ミキハウスの絵本)

ぱくぱく くうぴい―こぐまのくうぴい (ミキハウスの絵本)

 

 

 

 

 

 

3歳から言葉と数を楽しく学べる!「スーパーワイドチャレンジえほん」シリーズ。

今日は3歳娘が来春から通園させたいと思っているこども園への願書を提出しに行ってきました!

も~どきどきです!!

も~そこにしか行かせたくないんで(笑)

私は専業主婦なので幼稚園は色々選ぼうと思えば選べたんですが、第一志望はそのこども園

第一志望っていうかもうそこだけ!

万が一落ちたら待機児童になって空き待ちしてもいいと思うくらい惚れ込んでます。

設備、先生等々も気に入ってるんですが、一番は昼寝があるところ!

今では増えてきていますが、ウチの周囲にはまだ幼稚園でお昼寝のある園はありません(泣)

ウチの育児方針に「中学生いっぱいまではしっかり寝かせる!」というのがあります。

子供にとって睡眠は脳の成長に必要不可欠なもの。

塾業をしていた頃、成績の良い子は得てして良く眠る子でした。

それを何人も見てきたのもありますし、脳の研究でも明らかになってますよね。

ということでお昼寝のあるこども園の幼稚園部に申し込みをしてきました。

結果は数ヵ月後…。

そのこども園、人気があるのでどきどきです…。

 

さて。先日、↓記事でご紹介した絵本「スーパーワイドチャレンジえほん」シリーズがとってもオススメなので今日はそのお話を。

jomocop.hatenablog.com

 

物語、というよりは幼児教材本のような絵本。言葉や数の基礎を楽しく学ぶことができます。 

一応4~5歳対象の絵本になっていますが、3歳でも大丈夫。

難しくっても何度でもトライしてクリアしちゃいます。

娘がこのシリーズの中で特に気に入った絵本はこれ。

かいぞくフライパンせんちょう おいしいカレーライスをつくれ! (スーパーワイドチャレンジえほん)

かいぞくフライパンせんちょう おいしいカレーライスをつくれ! (スーパーワイドチャレンジえほん)

 

 「かいぞくフライパンせんちょう おいしいカレーライスをつくれ!」です。

この絵本では数詞・集合を学びます。

この絵本に限らず「スーパーワイドチャレンジえほん」シリーズでは子供の大好きな探し絵や迷路をしながら言葉や数を学んでいきます。

たとえばこの「かいぞくフライパンせんちょう おいしいカレーライスをつくれ!」。

迷路では1~10まで数えながら正しい道を選んだり、探し絵では〇△□を全て持ったファミリーを3人選んだりします。

 

絵本によって学ぶことは様々で、言葉であればしりとり・なぞなぞ・早口言葉・さかさ言葉・頭音・音数・点々、数であれば数詞・集合・〇△□・大中小・多少・順列・座標など。

ちなみに娘は座標で一番苦戦していました。

「上から3ばんめ、左から2ばんめ」というような2つの条件が揃った答えを導き出すのが難しかったようで。

数え方にも苦戦していました。

が、絵本が面白いので何度もチャレンジしたくなるみたいです。

何度か読むうちに習得してました♪

子供が好きなジャンルや得意なジャンルから始めてみるのも良さそうですよね。

この絵本では小学校1年生の漢字も使用されているので、少しずつ漢字に触れさせたいパパママにもオススメ絵本です。

 

 

かいぞくフライパンせんちょう おいしいカレーライスをつくれ! (スーパーワイドチャレンジえほん)

かいぞくフライパンせんちょう おいしいカレーライスをつくれ! (スーパーワイドチャレンジえほん)