私を中心にして娘と大切なものがぐるぐる回ってます。

私の大事な娘、主人、本など好きなものや気になるものについて書き綴ってます。

娘を見て思うパパママの役割。時間をかけて感じる男女の役割。焦らずゆっくり構築するのが大事です。

「パパは絶対」

 

3歳娘の心にはそう刷り込まれています。おそらく。

娘には甘々なパパ。

娘もパパが大好きです。

 

面白くて優しくていつも遊んでくれる。

そんな風に思ってるんじゃないかな。

 

f:id:jomocop:20180918143229j:plain

 

パパは普段ほとんど怒りません。

怒るのはママである私の役目。

役目…というより私の方がいろいろ気になるのかな(汗)

パパはあんまり気にしない方なので。

 

パパはしつけをしない訳ではありません。

時には私より厳しいこともあります。

それでも。

娘には優しい。

私みたいに時間にせっつかれて

「やりなさーい!!」と声を大きくするのではなく、時間をかけて説得する感じ。

まぁそういうのは育児に余裕のある(家事に追われていない?)パパだからできるのかも。

 

そんなパパは滅多に怒りません。

私にもそんなに怒らないかな。(もっぱら私が怒る方)

 

パパが怒る時。

それは絶対です。

本当に危ないことをした時。

パパ自身もそう決めているようです。

 

そしてパパに怒られた時。

娘は大泣きします。

私に叱られて大泣きするのとは違います。

それは林の中に一人、置き去りにされたのを悟ったかのよう。

 

大声で「ママー!!ママー!!」と叫びながら私の元へ走ってきます。

自分の身に危険が迫ってるように思うのでしょうか。

 

私が強く怒っても、そんな泣き方をしてパパの方へ走って行ったりはしません。

目の前で泣いて「ママー!!抱っこー!!」といったところでしょうか。

 

パパに怒られて来た娘に私はゆっくり話しかけます。

「どうしたの?」

娘は泣きながら怒られた訳を話します。

 

パパは男の人だから?怒った理由を細かくは話しません。

娘が理解できるように時間をかけて説明するのはママである私の役割。

そして娘に、パパに謝るよう促します。

 

きちんとパパに謝り、元のニコニコに戻ったパパに抱きかかえられ娘もニッコリ。

 

娘の中には上下関係が出来ているように思えます。

パパは絶対。

パパの言う事は聞かなきゃって。

 

私も普段からそういう風に育ててます。

何か欲しがる時は「パパに聞いてみようね」と言い

仕事で疲れて帰ってきたパパに娘が無茶なわがままを言えば

「パパはママや〇〇ちゃん(娘の名前)のために一生懸命働いてきて疲れているの。少し休ませてあげようね」と言います。

 

f:id:jomocop:20180918142800j:plain

 

男女平等と言うけれど、男女の区別は大事です。

男性には男性にしかできないことがあり、女性には女性にしかできないことがある。

全てに対して等分して育児や家事をすることもとても大事だと思うけれど、お互いの長所を活かし、得意な方がその役割をする、というのは効率的かつ合理的に思えて私は好き。

だからといって、パパが育児や家事をやらない訳ではありません。

でも、例えば洗濯物を畳むのは苦手なので、綺麗に畳むのが好きな私がやります。

私は重いものを持つのは大変なので、冬に灯油を運ぶのはパパの役目。

 

多分男女平等ってそういうことなんじゃないかな。

綺麗に何もかも等分じゃなくて、比重的に互いが納得できるところでバランスを計るっていうか。

イメージ的にはお互いに天秤の皿の傍にそれぞれ立っていて、自分の得意なものを少しずつ乗せてみる感じでしょうか。

 

育児も家事ものんびりです。

少しずつ構築してゆくもの。

結婚してすぐの頃、子供を産んですぐの頃、私は焦っていました。

関係性が不安定だったから、早くバランスを取りたくて。

 

娘も3歳になり、今ちょっとバランスが取れてきてるかな?と思える時期に来ました。

これからもっと長い時間をかけて互いに心地よいと思うバランスを作れたらいいな、って思います。